多分花鳥風月金田一、コナン的読み物ページ日記扉→3月の日記


3/31氷河の日記

 エイプリルフール企画を前倒しで更新やっとくという…。
 だって深夜の更新めんどいんだもん。
 つーかツイッターの方は深夜にしないといけない…やれやれだぜ。
 でもまあ、たまにはこういうのもいいでしょうと思いつつ、年度はじめの一番忙しい時に
エイプリルフールとかよくやってられるなと思ったりもする。
 それと、エイプリルフールは午前中のみで、午後からは嘘をついてはいけないってルールも
あるけど、別にそこまで細かく気にせず楽しめばいいと思いますよ。
 地震災害不幸話系の嘘はタブーだし不謹慎だからやらない方がいいけどね。いくら嘘だと
いっても今後の人間関係に響くし。

 春休みの映画がいまいちパッとしないなーって感じで。
 ひるね姫見に行こうか迷っておりまする。
 面白いのかなあ。
 怪盗グルーは新作が出るそうなのであれすごい楽しみです。
 あのシリーズは可愛くて好き。
 ミニオンズもかわいいし。
 夏休みの映画が、銀魂始め面白そうなものが多いなと感じますね。
 今年の夏はどうなるかなあ。

 あっ、明日から確かグランブルファンタジーのアニメが始まったはず。
 あれアニメイトにコーナーあったけども、ふんどしのおっさん3人が映ってる絵があって
しばしフリーズした記憶が。
 でもゲームとしては面白いって話を聞いてるんでちょっと楽しみですね。
 確か来週の土曜がアニメかなりのタイトル放送始まるんだよなあ。
 あまり重ならないといいですが。
 レコーダー頑張れ。


3/30氷河の日記

 マンガ大賞結果出てましたね。
 1位になったやつ、読もうかなーと思って難しそうでやめたやつだ。
 面白いのかなあ。
 ランクインしてたタイトル、半分以上知らなかったです。
 結構漫画読んでる方だと思ってたけども、まだまだですね。
 つーてもやっぱ、自分にあうあわないがあるからなあ。
 で、長すぎて途中で読むのをやめた漫画みたいなのがランキングされていましたが、
確かにワンピースはなあ。
 10年単位で連載続いてしまうと、年取って環境変わって読みにくくなってしまうもんね。
 銀魂も入っててちょっと泣いた(笑)。
 コナンはまあ…あれもう決着させる気ないでしょって感じがある。だって小学館の大黒柱
だから、連載終わってもらっては困るだろうしね。
 あと10年くらいは平気で続くんじゃないかねえ。
 赤井さん見たいからまあ続くのはいいんだけど…。
 逆に、暗殺教室、黒子のバスケとかは本当にきりよく終わったなと思います。というか
もっと読みたかったとすら思うし。そういう風に、もっと読みたかったと余韻残して終わる
方がいいのでしょうね。
 黒子のバスケはやはり、もっともっと試合見たいけど、もう技出尽くしたよなあ。あれ以上
やろうと思ったら空飛ぶくらいせんとあかんわ。
 
 水戸黄門を山陰では再放送ちまちましてるんだけど、山陰地方をやってるからと思って
録画したの見てたら、いきなり和泉守兼定が出てきてびっくりした。
 急にあれが出てくる理由がわからんのだけど。
 土方さんに渡る前のやつですかね。土方さんの前は刀として作られてからのルーツが
定かではないらしいので、これもありかも知れない
 しかし水戸黄門でこういうのが出てくると思わなかったから完全に油断してたわ。
 茶が鼻から逆流したがな…。
 水戸黄門あなどれない。

 やっとこさ鼻水くしゃみがおさまってきましたよ。
 3月中のあれはなんだったんだろう。
 アレルギーなのかなと思いつつ毎年、放置してしまっているのはよくないかも知れない。
 病院いって調べた方がいいかなあ。


3/29氷河の日記

 昨日ふとテレビ番組表見たら、SLで萩津和野の旅ってあって急いで録画しました。
 内容見たけど良かったですよー。
 津和野でちゃんと、森鴎外のこと紹介してくれてて嬉しかったけど、なんでいきなり墓に
なるんだよってテレビ見てて突っ込んでしまったわ。
 記念館とか家とかさー!あるでしょもっとこう。
 松江で言うなら、宍道湖だけ紹介して松江城とかスルーされた感じ。
 つーか太鼓谷稲成神社とか津和野城址とかさぁ…。
 ま、しょうがないか。
 どっちかっつーと山口県の紹介の方が多かったのはちょっと残念でした。
 益田とか紹介してもらえたのは嬉しかったですが。
 雪舟の記念館意外に知らない人多いからねー。
 本当に島根西部はゆったり旅行するにはとてもいいとこだと思うんですよ。
 ほとんど駐車場無料だし。東部も駐車場無料だけどね。松江城も、土日いくなら
県庁とか公共施設の駐車場が無料開放されてます。
 レンタカーでも借りてのんびり走って欲しいなあ。
 海鮮もおいしいですよ。
 のどぐろはぜひ煮つけでどうぞ。
 もう新年度だけど、あれ見て少しでも島根とか山口の旅行考えてくれる人がいると
いいなと思いますね。
 本当に益田のあたりはゆるーっと車で走るの楽しい。津和野行くのに通過地点だった
から、今度は雪舟関連目的に行きたいですね。
 まあ海外旅行もいいけども、案外地元を回ってみるのも楽しいと思いますよ。
 特に「うちの県なんかなんもない」と言ってる人は。どんな地域にも必ず歴史はあるの
だから、それ知ると楽しいですよ。
 
 あっ今週末大名行列あるなあ。
 でもちょっといけないかなあ。
 人が多すぎるのと駐車場止める場所ないからね。
 見てみたいんだけど、人が多すぎるのホントだめで…。
 ニュースの動画見て我慢しよう。
 武者隊さんらもくるのかなっ。

 

3/28氷河の日記

 山田浅右衛門という、江戸時代の御様御用の職だった人がおられまして。
 代々この名前をついでいて、首きり役人であると同時に、罪人の死体で刀の試し切りを
する人でもありました。あと腑分けとか。
 一応名誉職でもあり、あの大塩平八郎とかもたいそう褒めていたりするわけですが。
 で、この人が松江の刀工、高橋長信の刀も使ったことがあり、良い刀だと評価していた
ということで、たまたま名前を憶えていたんですね。
 んで江戸時代のお菓子漫画だったと思うんだけど、読んでいたらこの「山田浅右衛門」の
名が出てきてびっくりした。何代目の浅右衛門かは忘れた。
 ただ知られている通り、明治に入り、処刑方法は斬首ではなくなり、罪人の死体を使っての
刀の試し切りをすることもなくなり、山田家は次第に困窮していきます。
 それで、知り合いの家でやっかいになったりして浪人も同然の暮らしをしていたとかなんとか。
また、この親類だか姉なんだか忘れたけども、名誉職であったとはいえ、因縁めいた仕事をしていた
というのは重々理解していたようで、「自分の代で山田家はおしまいにする」と宣言し、この
家はそれで断絶したそうです。
 吉亮が最後の人だったっけかな。この人が、知り合いの家にやっかいになってた人。ただし
ただやっかいになっていただけではなく、当時高価で、入手が困難だった人の内臓などを売って
生活の足しにはしていたそうで。(ここらは面倒なんで省略するけど)
 ぶらっと本を読んでいると妙なところで知った名前が出てくるから面白いなあ、と思いますね。
 しかし山田は覚えてても下の浅右衛門をよく忘れる。
 
 鬼灯の冷徹やっと20巻まで読み進めてきました。
 やっぱり面白いなあ。
 そしてアニメ二期!
 楽しみだなあ。
 現世の地獄といえば……えーと九州の?熊本?の地獄温泉?が有名だと思うんですが。
(記憶あやうすぎる)
 現世とあの世をつなぐと言えば島根!イザナミ様といえば島根!イェーイ☆
 アニメのOPどんなのになるかなあ。
 今回も地獄の名称系だったら頑張って覚えるよー!

 あー…年度末…いろいろと忙しいですね。
 島根の人口増えないかなあとかそんなことばかり考えております。
 せめて80万人だよなあ、目指すは。
 さてどうしたもんじゃろのう。


3/27氷河の日記

 寒い…また冷え込んでてすっかり風邪をひきました。
 風邪を引いたというか、こないだからクシャミと鼻水すごくて、ただのアレルギーかと
思っていたんですが。うーん。本当の風邪だったっぽい。
 今日は早く寝よう。
 
 最近、オリーブオイル?がブームなんですかね。
 食用のオイルもらったんだけど、まずどうやって食べたらいいのかわからん。
 CMでいろんなものにかけて食べるのやってたけど、あれおいしいんだろうか…。
 オイルっていうだけで結構抵抗感あるんだけど。
 えごま油みたいな感じなんですかね。
 うーん…最近はチアシードとかいうのもあるし、わけわからん健康志向食品が多い
ですな。
 不足しがちな成分をそういう商品で補おうというのはいいと思うけど、サプリメント飲んでも
同じなのでは…うーん。
 とはいえ私もこないだ、味覚障害出て、亜鉛のサプリメント飲んでいたので(それで治った)、
栄養バランスのとれた食事は本当に大事なんだなと思いました。

 3/31がさー、プレミアムフライデーがどうの言ってるけど、年度末関係ない企業とかあんのか
って思いますわ。
 早く帰れるのは公務員と大企業の一部くらいでしょう。
 またあのわざとらしい、居酒屋で昼間から飲んでる課の仲間の図、やるんですかね。
 ああいうのが悪いとはいわんですよ。
 ただ、皆もやろうよ的な、どう考えても無理なことを押し付ける雰囲気が嫌い。
 じゃあ店側はどうなんのっていう。
 多分4月5月と過ぎていくうちに忘れ去られるんだろうなあ。


3/26氷河の日記

 神様の言う通り弐を読んだけど、あのラストはないなーと思いました。
 これまで誰が生き残っていくか、次から次へと降りかかるゲームでいい加減ストレス
たまってて、やっとこれで決着つくと思ったら、は?って感じ。
 タイトル通り、ゲームは終わらないみたいにしたかったんだろうけど、それじゃ何の意味も
ないだろう的なラストで台無しだと思いました。
 こういうのやられると、いっきにつまらない作品になってしまうなあ。
 実際読んで「じゃあ今までの努力全部無駄じゃん」って思ってしまった。
 残念。
 
 新年度がきますねえ。
 こないだ大学の卒業式を県民会館でやったというニュース見たけど、あんなに遅かったっけ?
もっと3月中旬くらいにやるものだと思ってたけど。今年はえらい遅くてちょっとびっくりした。
 あんまり遅いと、入社とか引っ越しの関係で卒業式に出席できない人もいると思うんだけど。
 あと、卒研出してから就活するとか言ってたぼっちゃんは仕事見つかったのかな…。知り合いの
教授がすごい困ってたんだけど。ま、私らの時でもすごいマイペースな子はいたけど、不思議に
こういう子はふらりーと就職先見つけてきたりするもんだからねえ。
 鬼灯の冷徹でいう、茄子君みたいな子。
 なんやかんやで人生あくせくしないのは逆にいいのかも知れない。
 そーいや島大、新しい科が新設されるとか言われてて、あれがなかなか面白そうだった。
 
 4月からのアニメチェックしてみたら、笑うせえるすまんがあるんですね。 
 びっくりした。
 ハイネは楽しみだなあ。あれ原作すごいかわいかったから。
 つか今回もアニメ多いなーという印象でした。
 1シーズン10本くらいでいいんじゃないか…と思うんだけどねえ。あ、でもそれだと制作側が
利益出せなくて大変か。
 うーん。
 でも去年あったみたいに、本数多すぎて放送延期とかなるのも大変ですし…。アニメは多ければ
いいってもんじゃない気もします。
 ところで「天使とアクト!!」アニメ化とかならんですかね。


3/25氷河の日記

 年度末だから漫画がどんどん出てきついっすわー…。
 はやく読んでしまおう。
 今日は左江内氏ないしね…。
 あ、怪盗グルーがありますが、あれ面白いのでお勧めです。ミニオンズもかわいいし。
あれは子供向けでほっこりする良い作品。
 誰も不幸にならないというのは子供向けにおいて大切なことだしね。
 まあカールじいさんとかもあるけども、あれだって決してじいさんが不幸だったとは
思わないし。
 
 山姥切国広の展示をしている栃木県足利市の対応が素晴らしいというニュースを見ました。
記事読んでみたけど本当に、私なんぞが言うのもおこがましいですが、官民一体となった
協力体制は本当にすばらしいと思いました。イベント主催として満点の内容だと思います。
 行政側にも柔軟な対応ができる人がいたんだろうなあと思います。
 おそらく島根ではここまで出来ない。(中の人らと話をする限り)
 聖地とかのモデルケースとして参考にするのなら、らきすたの地だけでなく、こういうところを
自治体は見学すべきですね。
 というか私自身、どういった対応だったのかお話きかせてもらいたいくらいですわ。
 あと足利市といえば、神在月の出雲で神様の会議が行われた後、1月まで残業させられる
神様がおわしたところ…。オオクニヌシの親戚筋にあたるので、残業なのだそうです。
 うむ。
 たたら製鉄で今年どわーっと観光客押し寄せないですかねえ、島根に。
 まあ環境整ってなくて塩対応する自信ありますけど。(やめろ!)
 島根は県と各自治体の連携がまったく取れてない気がする。

 アイフォンだっけ?赤い色が発売って紹介されていたけど、あれは絶対シャア専用だよねと
思いながらニュース見てた。
 3倍赤い!…かは知りませんが。
 赤は映えるからいいねえ。


3/24氷河の日記

 年度末だからどこもかしこも車が多いですねー。
 こういう時こそ気を付けて運転しないとなー。っていうか挙動の怪しい車が増えて怖い。
ウィンカーなしに車線変更してくる車なんかまだいい方で、ウィンカーと同時に車線変更して
無理やり割り込んでくるのとか、直進車がきてるのに平気で脇からもたもた出てくる車とか。
 ああいうの本当に、自分では運転うまいつもりなんだろうなと。
 あんな危険な運転しないよう反面教師だと思って気を付けたい。
 停止線で一時停止しない人、ウィンカーをろくに出さない人、安全運転意識のかけらもない
人を、私は運転うまいとはまったく思わない。

 クトゥルー神話が少しずつコミカライズされてるんだけど、いかんせんあの手の本は高いの
よなあ。
 1冊1000円とか正気じゃないぜ。
 まあ出版社によっては手ごろな価格のこともあるんですけど。
 あとクトゥルー系はラヴクラフトが作者ですけど、オマージュ作品が最近でなくてつまんない。
もっといろいろ読みたいんだけどなあ。
 もうブームは去ったのか…。
 クトゥルー体系は訳した人によっていろんな言い方があるけど、ニャルラトホテップよりは
ナイアルラトホテップの方が好きです。なんかニャルラ〜だとどうしてもネコを想像してしまう…。
 造形とかはいろんな想像があって面白いですね。
 えーと、エイリアンのデザイン担当した、ギーガーさんとか、あともう一人名前忘れたけど、
クリーチャーの造形されてる方とかがデザインしてたらどんな形になってたのかなと思います。
ああー名前忘れたなあくっそ。デザイン集持ってたんだけど。
 すっごい気味悪い絵描かせたらこの人って方でした。人の名前覚えないから…。
 パンクスチームとかも、こういうクリーチャー系デザインを生み出せる可能性はもってますよね。

 本に続いてDVDも整理しないとやばくなってきたので、週末にちょっとやろうと思います。
 てかビデオテープもデッキはあるけどもう見ないからいらないものは処分…と思いつつ、
なかなか進まんですねえ。
 昔の映像ってのもあるんですが。
 こういうのがあるからものが増えるんだろうなあ。


3/23氷河の日記

 群青戦記の12巻と13巻がねえ…あちこち心当たりあるところを探したんですがもう
どこいったかわからん。
 てか去年の発売だよなあ。
 去年何してたっけ…。
 神様の言う通り弐は既刊全部見つかった。逆に怖い。
 まあいいや…あるやつから読もう。

 鬼灯の冷徹アニメ二期制作決定おめでとうございます!
 わーいわーい!
 …黄泉比良坂に揖屋神社、伊賦夜坂くらいしかネタないし、イザナミ様あんま出てこないし…。
これに関しては、地獄温泉の異名をとる熊本県の方が分があるなあ。チッ。
 まあなんかチラッチラッさせとこうと思います。
 怪談とかだったらなあー…日本神話と並んで多少は得意分野なんですが。
 何せ怪談の町・松江ですし。
 海外でも紹介されている小泉八雲の話だとかいろいろありますし。
 くっそー…。
 あかねや八雲がアニメ化されればよかったんになあ。
 皆もっと小泉八雲をテーマに漫画を描くんだ!
 夏目漱石はいろいろ出てるんだけどなあ。漱石とはず語りとか面白いっすよ。
 というか正直なところ、私文豪の小説はあんま読んだことがないです。その文豪の人となりの
本とかは好きでよく読むけど。
 どんな人だったか知るの楽しいなと思って。
 ちゃんと作品も読まないといけないですねえ。
 あっ、ポーとか江戸川乱歩は読んだことある。…それ文ストに出てくる文豪の方や!
 
 気が付けばイベント終わってあっという間に一週間ですなあ。
 そろそろ次のイベントの準備を始めないと。
 今年は本当にきちっとやりたいので、前倒し気味にやっていこうと思います。
 新刊もサークルさんに言った手前自分でも頑張って出していこうかと。


3/20氷河の日記

 昨日お風呂でよくもんだので筋肉痛はまったくなかったんですが、鼻水が相変わらず
止まらず大変だった。
 この季節だけってことはやはり、花粉s…いや違うな!
 医者に宣告されない限りは病気ではありません。(シュレディンガーの猫か)

 ある漫画が欲しくてずっと探してたんだけども、ないからネットで買いましたよ。
 地元で買いたかったんだけどなあ。
 取り寄せしても良かったんですが、そうすると特典つかないので、特典が残ってるショップで
買いました。
 部数少ないと田舎まで入ってこないことあるからねえ…。
 あと、君死ニタマフ事ナカレという漫画があるのですが、読んだことまったく忘れてて、
いつの間にやら何冊か続きが出ていたようだ…。たまたま店で流れていたCM見て気付いた。
 1巻で止まってる…あれぇ…。
 なんか買ってないシリーズと勘違いしたっぽい。
 私本当にタイトルを覚えないんで…。
 ちょっと買ってきて読まなくては。
 あと群青戦記が少しためてたら10巻から14巻(最新刊)まで飛んでた。
 11〜13巻を発掘しなくては!

 そんでイベントレポにも書いたんだけど、昨日荷物を家に運び入れていたら、野良猫が
勝手に上り込んでてビックリしたよ。
 わかるか!?
 やれやれと思ってドアしめて施錠したら、荷物にあふれた部屋の中から「にゃーん」って
鳴き声がした時の私の気持ちが!?
 おお、これは音駒…ってやかましいわ。
 それからもう、部屋の中飛び回る野良猫を追い出すのに数分格闘ですよ。
 ドアあけて追い回せばよかったのに、しめたままだったからあわててあけにいったし。
 疲れてんのにさらに疲れた…。


3/19氷河の日記

 帰宅してから鼻水が止まらない…。
 イベント中に出なくて良かった…。
 なんかこの季節、鼻炎がすごくてねえ。
 まあ薬飲みますけど。
 明日が休みで郵便局が中央以外しまっているので、これから荷物を先に出してこなければ…。
 受け取る方は早く受け取りたいでしょうしね。
 明日が祝日なのは休みな人にとってはいいんですが、荷物を出したり振込をしないといけない
場合なかなかに不便。
 郵便局、土日もあちこちあけてくれたらいいのになあ。
 それではバッハハーイ!(CV ヅラじゃない、桂だ)


3/18氷河の日記

 放課後ウィザートっていう漫画が、世界観がなかなか面白かった割には、どうやら打ち切りを
くらったっぽくて、最後すごい雑なまとめ方になってた。
 まあまとめただけですごいと思うんだけど、話の設定面白かったから、もっといろいろやって
欲しかったなあ。もったいない。
 今頃は雑誌連載だけでなく、ネットでの公開もあるし、なんていうか、もっといろんな話を
のびのびやれるといいなと思うんですけどね。
 ただたまに、「これよく連載させてもらえたな」レベルの、ひどい絵だとか、意味わからん
話だとかあるんで、何でもかんでもコミックスにすればいいってもんではない、というのは
あるかなと思います。
 いや本当に…。
 そういえば、墓場の七人っていう、ゾンビ時代劇漫画があるんだけど、1巻の終わりで
突然7人そろっていたから、これも打ち切りコースかとあわてたわ。どうやらテコ入れ入ったん
じゃないかなと思うんですが。2巻は話の展開も早くて面白かったので。
 今までにも戦国のゾンビものは数作品読んだけど(タイトル全部忘れた)、これはなかなか
面白いと思います。

 ニュースで三連休がって言ってて、そーいや今週末三連休だったなーと。まあ春休みも
あるし、あちこちでかけるのもいいかも知れませんね。
 島根へ旅行にきてくれたらもっといいんだけどねー。
 レンタカー借りて車であちこち回るのも楽しいと思うんですが。
 とりあえずは明日を無事に済ませられるよう頑張りたい。


3/17氷河の日記

 ネットのニュースで、飲むシュークリーム発売とかやってたけど、シュークリームは外の
皮と中のクリームを合わせて食べるのがおいしいのであって、飲むのってそれただの
ミルクセーキじゃねーの、的な。
 なんか最近は話題性先行で意味わからんもの作りますねえ。
 まだ焼きそばショートケーキ味の方がマシだわ。ちなみにえらいまずいそうですが、
あれは逆にちょっと一度くらいは食べてみたいと思いますね。

 明日はサラリーマン左江内氏の最終回を見てレビューさくっと書いておかないと。
 どんな最終回になるのかなあ。
 あまりしんみりするような終わり方にはなって欲しくないですね。
 エンドレスエンドといいますか、日常がまたずっと続いて行くという感じのエンドがいいと
思う。最後まで笑って終わりのような。
 ま、あの監督さんならムチャはしないと思うんですが…。
 それより、銀魂だけかと思ってたら、斉木も実写映画で、福田さんが手がけられるんですね。
すごい。
 写真見たけどすごく似てた。
 燃堂を再現できてるのがすごいと思いました。
 斉木はどうかなあ…。外見は似てるけど、しゃべり方がどうなるかなと思って。
 アニメがおもしろかったからなあ、斉木。

 ハイキューやっと最新刊まで読めた!
 25巻まで読みました。
 24巻の、122話だったかな、2ページ目の2コマ目の、天童が「ビクッ」ってなるの最高に
好きです。日向が「あっ」て言ったから、ビクッってなるとこ。
 天童かわいいわー。
 そして、24巻の意外な展開にビックリした。日向が戦力外とプロからは見られてることとか、
それでも何か得たいと強引に合宿にいっちゃう行動力とか。そこまでとは思わなかったので。
 面白いですねえ。影山君ももう一歩成長した感じだし。
 新刊がさらに楽しみだなあ。
 あとサクサってもしかして潔癖症か…。
 
 

3/16氷河の日記

 昨日サイト更新したあと、ツイッターで流す内容を確認していたんだけど、雲南町の
痛恨のミス(3回確認して気付かず)もさることながら、まずBGMリストそのものを更新して
なかったことに気付いてサーッと血の気引いたわ。
 あかんやんか自分!!
 ツイッターでBGMできましたを流そうとしておきながら、サイトにはまったくあげて
なかったという…。危ない危ない。
 イベント準備もやっと完了しました。実はちまちまと「あれやってない」「これ忘れてた」と
いうところが出てきて、ええいと思いながらやってたんですが。3ヶ月も間あくと人間
忘れるな…。←記憶力が乏しいだけ。

 昨日、ドリフが集合する番組やってて「なつかしおもしろたのし」って感じでした。
 やっぱりいいなあドリフ。
 今のお笑いは悪いけど、見てて笑えるというのがほとんどないです。サンドイッチマンと
ラバーガールは面白いとは思いますけど、あとはそんなに、見てて笑うってのがないなあ。
あ、アンジャッシュも面白いですね。ピーポーくんシリーズとか。ほかは体はった芸とかも
多いですが、そこまで笑えるかなあっていう。
 あと芸歴長い芸人がよくやる、相手をいじって殴って笑いに持っていくのとか、後輩芸人を
いじめて笑いとろうとするのは大嫌いです。それは自分が笑いを生み出す力がないから
そういう展開になるんだろとしか思えないので。
 なので、ドリフのように、オチがわかっているのに笑える芸は本当に貴重だと思います。
今の子供たちが見ても笑えるドリフのようなグループはこの先出てくるかどうか…。
 あれを毎週見ることができていた昭和の子供たちはある意味、贅沢だったんじゃないかなと。
 それとトムとジェリーね。こちらも言葉わからなくても笑える作品の定番です。今の新作は
すっかりとなごやかというか、毒がなくなってしまってまったくつまらない。
 表現規制をしすぎると、こうなるっていう良い例かも知れません。

 なんかイベントの準備まだ忘れてる気がする…。
 朝からの流れをシミュレートしないと思い出せないかもしれない…ううーん…。



多分花鳥風月金田一、コナン的読み物ページ日記扉→3月の日記