多分花鳥風月同人誌と著作権→項目0〜2


◆まず最初に◆

<同人活動にあたって知っておいて欲しいこと>

 花鳥風月主催者の私見です。

 あるマンガが必ずしもこの世の中すべての人に受け入れられると限らないように、世の中には
同人活動をしている人を嫌う方々もいます。そしてそれは、原作者や出版社の中にもいます。
 とある小説家の方が、自らの作品の同人活動を好ましく思っていないことをファンに通達したと
いうこともありましたし逆に、同人活動について非常に協力的な作者もいます。
 本当に人それぞれです。

 説明が下手なので回りくどい言い方をしましたが、つまりはそういう方々に対して配慮を忘れないで
欲しいということです。
 サイトには「同人」の旨を明記する、原作コミックスの装丁をまねた同人誌を作っている場合、
一般人が購入してしまい、それについて抗議される可能性があることを念頭におく、というようなことでしょうか。
 後の項で述べますが、同人活動はいくらサブカルチャーの一つになったと言っても様々な法律や
危険が絡み合っています。
 同人活動をやめろ、本を出すな、とは言いません。
 何が、どうして危険なのか。
 それを理解した上で自分の行動を決めていってください。

戻る



◆同人誌を作ると何か法に触れるの?◆

 「著作権法(ちょさくけんほう)」という言葉を一度くらいは聞いたことがあると思います。簡単に言うと、
商業誌に作品を発表している人やアニメなどについて、他の人がその作品のストーリーやキャラクター
などを勝手に使って作品を作ってはいけない、という法律です。(芸能については別項参照)
 もう少し詳しく言うと、「その作品を連想出来るもの」もこの法律に触れるということになります。
 
 さて、同人誌ですが、パロディ同人誌の場合その作品のキャラクターとか設定を使っているわけですから
著作権法に違反してしまうということになりますね。しかしみなさんは何事もなく毎日暮らして
います。これはどうしてなのでしょうか。
 ここからは意見の分かれるところですので、私の一意見としてお聞きください。

 まず、ハッキリ言ってしまうと出版社側は同人誌をよく思っていません。自分達が著作権を持つ作品
なのに、関係ないところで金銭のやり取りがあるのです。つまり同人誌がいくら沢山発行されても自分達
にお金は入ってこないからです。
 しかし、同人誌が沢山発行されればその作品を知らなかった人でも、同人誌を目にしたことによって
「買ってみよう」と思ったり興味を持ち始めることがありますね。
 そこに利害関係が発生するためあえて同人誌を規制せず、見逃しているということになります。
 間違えないでいただきたいのは、見逃してもらっているということであり、例えば出版社が「同人誌に
よってうちの作品のイメージが悪くなった!同人誌をこれ以上出して欲しくない」と思えば、いくらでも
規制は出来るということです。これについては別項「11.過去にあった事件少しほど」をご覧下さい。

 次に、拡がりすぎて規制できないという場合もあります。これは楽観的な見方なのであまり言いたく
ないのですが、正直どこの出版社も自社の作品の同人誌がどれだけの数出版されて、その中に
どれだけ「あまりイメージの良くない」ものがあるかというのを把握できていません。
 著作権法で取り締まるには「親告罪」と言って出版社や作者が訴えないと警察は動きませんよ、という
取り決めがあるので、同人誌1冊1冊についてその作業を行うのはとても大変なことです。
 ですので出版社側も本当は規制したいけどなかなか難しい、というところもあるでしょう。
(ただし日本がTPPに参加した場合、著作権法違反は非親告罪化されるので、同人活動が実質
出来なくなるというリスクがあります)

 著作権法というのは、もともと同人誌を考慮して作られた法律ではありません。ですから、実際に
逮捕や裁判になった時、裁判官によって判断が分かれます。
 なので「健全だから大丈夫」「名前とか変えているから大丈夫」という風に、「○○だから大丈夫」で
済まされる問題ではないのです。出版社が「この同人誌はまずい」と判断すればそれがすべてなのです。
 パロディ同人誌を出している人達すべてが、「突然逮捕されてもおかしくない」という危惧をもって
活動していただければと思います。
 と、ここまで読んでいただければ、「同人誌を作ったので送ります♪」と安易に作家さんに送りつけて
しまうことが、いかに危険かがわかってもらえるのではないかと思うのですが…。たまに後書きで
「送ってね」という作者さんもいますけどね。(だからといってその出版社までも同人に寛容だと早とちり
するのは早計です)

 あともうひとつ。「児童ポルノ法案」とか、みなさんが住んでいる都道府県の条例とか、ご存知で
しょうか。
 男性向・女性向を作っておられる方は、特に後者に気をつけて下さい。場所によっては条例に
ひっかかる場合もありますので。
 それと、露骨な描写は印刷所の方でも規制を入れていますし、イベント主催者でも厳しく規制を
作っています。コミケットなどにおいては時折販売停止という事態も発生するようですので、どうぞ
気をつけて下さい。

 最後に。難しいことを言うと、同人誌にも著作権は発生します。海賊版同人誌(いろんな同人誌
をコピーして一冊の本として出版したもの。もちろん作者の許可なし)などが問題になっているのは
そのためです。
 言い出すときりがないですが、その作品のキャラクターや設定を使用してはいても、みなさんが
同人誌として出されたお話は皆さんが考えられたものですよね。その話は皆さんに「著作権がある」
ということになります。ですので、完全にその作品と間違えるような紛らわしい作り方をされていない
限り、一概に同人誌を「著作権法違反」としてしまうことは難しいです。
 本当にややこしいですよね。

 すいません付け加え。
 私たちには当たり前のようになっていますが、一般の方からみればものを売り買いしているという
ことで「営利行為」と見なされてしまいます。
 同人誌の価格自体随分市場と開きがありますよね。だから、「高い価格でやりとりして儲けているに
違いない!」と思われるのもやむを得ないです。部数によるものと説明したってすぐには分からない
でしょう。
 だから何かというと、そういった方を通じてどっかから「営利目的で活動を行っている」という忠告を
受けた時は落ち着いて、数字を提示した方がいいでしょうね。
 印刷代と実際の販売価格など。不当な利益を得ていることが罪として成立してしまう場合もある
ので、不当ではないことを説明するのも時として必要ですね。

戻る



◆どんなジャンルがまずいとかあるのですか。◆

 どのジャンルでも危険性は同じです。
 作者が同人活動を容認していたとしても、とんでもなくイメージを貶める同人誌が世に出て、
間違えて手にとってしまった一般の人から抗議が来たり、またそういった同人誌のせいで作品の
今後に影響が出るなどと判断されたなら突然規制が敷かれる可能性は大いにあります。
 
 明確に「いかなる同人活動も禁止」という方針を打ち出してしまっているところについては、同人誌を
出さない方がいいでしょう。多分発見次第著作権法違反で訴えられたり、損害賠償を請求されたり
する可能性があります。それでも確かに活動している人はいますが、諸々の危険を承知した上で、
それでもその作品の同人誌を出したいからされているのだと思います。
 「あの人がやってるからいいじゃん」と軽々しく手を出していいものではないです。それは同時に、
そのジャンルで気を使って活動している人達にとても失礼な、そして無遠慮な行為であると理解して
下さい。


多分花鳥風月同人誌と著作権→項目0〜2