多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→主催者権限を発動する時


主催者権限を発動する時



<時には権限を行使することもある>

 主催者はそのイベント内の最高責任者です。イベントを参加者さんにとって最適な状態である
ようにするために、時には迷惑な人に注意し、動向を監視する必要があります。
 そしてそれの最たるものが「主催者権限の発動」です。
 何だか物々しいですが、やっぱり言葉の通りやたらと使うことがあってはいけません。
 どうしてもその手段をとらなければ被害が拡大する、物事の収拾がつかない、これ以外に方法が
ない、という場合によく考えて使ってください。
 そして、使うからには胸を張ってください。気弱な態度だったり、一度出したことを理由無くひっこ
めたりすると逆効果です。参加者さんに快適に過ごしていただくための行使です。自信を持ちましょう。
 で、権限と一口に言っても様々あります。
 次項で詳しく解説させていただきますね。


<どんな権限?>

 軽いものから説明させていただきます。

1.口頭注意
 注意事項を守られない方、他の方から苦情が来た方に対して、改善が見られないようであれば注意
しましょう。その時には感情的にならず、その方の「何」が「どうして」いけなかったのかをきちんと説明
するようにします。
 その際、「あの人が注意してくれと言っていたので」「私的にはいいと思うんですけど、苦情が来まして」
という責任転嫁をするような言い方はやめましょう。
「恐れ入りますが、サークル前で撮影をされますと、他の方がまぶしいかと思いますので…」「申し訳
ないのですが、お持ちの道具の音が少々響くようでして」などなど。
 「私的にはいいと思うんですけど、苦情が来まして」の、苦情が来ましたので、という言い方はいいと
思いますが、×なのは前半の言葉。主催者がそれを肯定するようなことを言うとのちのちモメます(笑)。

2.再度注意
 注意をしても聞き入れなかった場合。時間をおいて同じ行為が繰り返される場合。
 こんな場合は少し言い方をきつくしています、私は。
「恐れ入ります、先ほども注意させていただいたはずですが、お守りいただけないのはどういったご了見
でしょうか?」とか。
 スタッフや主催者が注意しても聞かないのは、守る気がないと思ってもいいでしょう(笑)。
 再度注意をした場合は、そのスタッフもしくは主催者から他のスタッフに情報が行き渡ります。
警戒警報発令です(笑)。つまり、次も守られなかったらいよいよ奥の手が登場します。

3.退場宣告
 男性のスタッフがおられる様であれば一緒についてきてもらって下さい。場合によっては力ずくに
なりますので。
 さて。2の注意を行ってもまだ注意を聞き入れない場合。私は、「イベントを妨害する目的で来て
いる」とみなします。そのイベントに参加する気があるならきちんと注意事項を守られるでしょうし、
注意を聞き入れないのは先ほども言いましたように「守る気がない」ということですから。
 その方のところへ行き、「何度注意を行っても聞き入れていただけないので、退場処分とします」と
宣言し出て行っていただきます。その場を動こうとしない場合は力ずくということになりますね。
 相手が女性だった場合、男性が体に触れると問題云々あるかもしれませんが、そういう場合は
会場関係者に立ち会っていただくか、第3者を立ち合わせ「強制退去に必要な行動以外していない」と
いうことを確認してもらってもいいでしょう。
 私が経験したのは、男数人が通路に座り込んでトランプをしている、というものでした。注意を聞き
入れませんでしたので、男性スタッフとガードマンさんに退場処分をお願いしました。入り口でしばらく
監視してもらって入れないようにしていました。最後まで「何でトランプしたくらいで退場だ」等という
ようなことを言っていたそうですが(苦笑)。

4.販売停止
 サークルがそのスペースで販売することを禁止することです。貴方が参加案内で禁止しているものを
販売しており、注意してもそれを撤去しない場合などに行使してください。いきなり販売停止は乱暴かと
思います。
 うちの場合は、あるサークルさんの発行物を白黒コピーし、それを自作物であるかのように販売して
いたサークルさんに注意したことがあります。また、テレビからの画像を取り込みシールにしていた方に
も注意しました。両者とも聞き入れてその販売物を撤去したので(前者はその後、そのサークルさんと
話し合っていただきましたが)、販売停止処分にはしていません。

5.参加拒否(サークル対象)
 基本的にこの処分も、よほどのことが無い限り発動することはないです。私は2回やったきりです。
個人の秘密ですので詳しくはいえませんが、どちらも「参加を受理するとイベント運営だけでなく、花鳥
風月の信用に著しく影響を及ぼす」と判断したためです。それはもう、本当にどえらいことになりかけて
いました…(遠い目)。
 ともあれ、自分が嫌いだからとか、「××らしい」という確証の無いことで参加拒否をすることのない
ようにして下さい。それは公私混同です。
 ただし別のサークルさんから、「このサークルが参加していると周囲が迷惑する」という苦情が多数
寄せられた場合はこの限りではないと思います。自分で確認して裏づけが取れたならば、勧告して
行動を改めていただくなり、参加をお断りするなりされていいでしょう。
 


多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→主催者権限を発動する時