多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→知っておいて損はない法律知識


知っておいて損はない法律知識



<いろいろあります>

 いやー、勉強してもし足りないのがイベンター。次から次へと知っている必要のあることがでてきます。
時にはハッタリをかますこともあって我ながらイヤになることもあるです(笑)。
 しかしある程度の法律を知っておくことはとても心強いことですし、自信にもつながります。
 雑学としての法律の本も大分出ていますから、参考になさって下さい。


<資格が必要な企画…>

 金田一少年の事件簿って知ってます?マンガ読んでない人でも堂本剛君主演のドラマでご存知
ですよね。ある時、全国各地でこのマンガの「ミステリーツアー」が開催されたことがあります。
 で。
 これを個人でやりたいと考えた方がいまして。企画そのものは良かったんですが、問題はその方が
開催に十分な条件をまったく満たしておられないことでした。

 まず、お金を徴収してツアーや旅行を企画することは、一般旅行取り扱い主任だか何だかという
資格が必要になります。次に、物語の主人公となって謎解きをするらしいので(笑)、舞台となる機関
や建物の所有者に届出が要ります。何とこの方、内緒でヒントの小道具やら何やらを隠しておこうと
されたんですな。松江って重要文化財の町ですから、調べている最中に破損でもされたら大変
ですがな。
 その辺をまったく理解されておらず、しょーがないので法律をたてに抗議しました。
「貴方が無届でツアーを決行されて、警察に逮捕されようが県から莫大な損害賠償を請求されようが
勝手ですが、同人誌即売会を併催する以上我々も関係があるとみなされるのは必至です。それが
原因でこちらが潰されることになったら、当然こちらも弁護士を立てて損害金を請求します」と。
 持って回ったイヤないい方ですが。
 何とか中止にしていただきましたよ。もちろん、「花鳥は新しいアイディアでイベントをやろうとする
人間を潰そうとする最悪のイベント」といわれましたけど。
 まあ文化財が壊されることや、即売会が開けなくなることを考えたら、それくらいは何でもないです。


<食べ物を売る>

 食品衛生法だったハズですが(管理法だったカナー)、自分達が作ったものを売ることは出来ません。
これも調理師の資格だかが必要になります。
 既製品を売ることは可能ですが、一応会場に許可を求めてください。
 ウチは業者と契約して、おにぎりとサンドイッチ、飲み物を仕入れています。
 メッセ内部のレストランが高くて学生さんには向かないこと、荷物をなるべく少なくして近くで食べ物を
買ってスペース内で食べたい、というサークルさんや一般さんのために始めたサービスなんで。
 1人で来てたらうっかり昼食を買い忘れたからといって、そうそうスペースを空けていられないですからね。

 ペットボトルのジュースを紙コップに入れて売るというのもちょっと何だかなと思います。あと、タダで
あげるのはいいですけど、いらないといわれても押し付けないようにしてください。
 


<消防法ってなんだろう>

 平たく言えば、火災やその他のことで緊急避難が必要となった時、対応できるだけの設備が整えて
あるかチェックしたり、避難しやすい配置になっているかをチェックする法律のこと。
 会場の事務の方にこの資格を持っているか、把握している人がいるはずです。

 例えば、通路は狭すぎないことだとか、消火器を他の荷物で隠してしまわないこと、ドアやシャッターを
荷物や机でふさいでいないこと、机の列に適切な隙間があること、とかチェックされます。
 消防署でもいろいろな講習を開いていますので、誘導法とか学ばれてはいかがでしょうか。


<郵便法>

 これがまたいろいろありますが。必要なものったら郵送に関することかな。

 まず切手に関してですが、言うまでもなく消印を押されたものは使用できません。
 最近多いのは切手の表面にのりを塗って使えるようにしているものですが、もし貴方宛に送られて
きたものがそれだったり、返信用封筒にそれがあったりしたら、直ちに郵便局に届けてください。
 郵便局もそういう不正行為は届けるよう呼びかけています。
 これは立派な犯罪です。
 郵便法第83条の「料金を免れる罪」に当たります。

 次に嫌がらせとかの手紙ですが、面白いことに、架空の住所・氏名や第3者のものを使用した場合も
郵便法で罪になります。まあその前に刑法の脅迫罪も成立してますが。

 あと、よくありがちなのがチラシを送られる方で「第3種郵便」を使われる方。
 第82条「第三種郵便の認可を偽る罪」となります。
 覚えておくべき郵便法はこれくらいでしょうかね。
 (郵便局のサービス改正で、チラシは冊子小包として送ることが出来るようになったようです)


<民法>

 思い当たることがないですなー。
 まあ例えば、支払うべき料金を踏み倒して、請求書・督促状がきても無視していると訴訟を起こされる
ということでしょうか。
 払える金がないから払えないもんねーとたかをくくっていると、強制執行をかけられます。
 強制執行とは、あなたの財産をお金に換算して支払いの代わりとすること。何が差し押さえられて
何がセーフなのかは本読んでください。確か生活にかかわるものは大丈夫だったと思う。

 あと、貴方が支払いを踏み倒されて困った時は同様に裁判起こせますが、先にしておくべきなのは、
請求書を送ること。いきなり裁判起こす人はいないでしょうが(笑)。
 請求書を送ってもなしのつぶてだったら電話をかけてみます。つながらなかったりしたら、今度は
「内容証明郵便」を出します。説明していると長くなりますので、これも本を買うかネット検索してください。
(すいませんねー)
 内容証明郵便は、法的効力はありませんが裁判で証拠として扱うことが出来ます。
 で、これを出してもダメだったらいよいよ訴訟です。最近は小額訴訟が可能なので、60万以下の金額
であれば簡易裁判所で手続きが可能です。
 これは即決で判決が出て、普通の判決と同じ執行力を持つので便利ですが、デメリットとしては、
十分な審理がなされないで判決が下りる点にあります。つまり一度下りた判決を覆せないということです。
ま、こっちも本読んでみてください。


<内容証明郵便の出し方>

 お問合せが多いので、結局書いておく事に…(笑)。いろいろ省略したりしていますので、これ以外の
ことを知りたい場合は、ネットで「内容証明郵便」で検索かけて下さい。

 多分、主催者としてはつきつけられることの方が多いと思います。こんなもん出されない方がいいの
ですが(大抵金の請求だったりトラブルの責任追及だったりするから)、出す場合もたまにはあるかも知れ
ませんので少々。

・主な使い道→お金の支払請求をしたという証拠作り/相手に何らかの意思表示をしたという証拠作り
・法的権限→強制執行権はありません。裁判沙汰になった時に確実な証拠として採用されます。
・出せるもの→内容を書いた紙
・同封できるもの→なし。借用書のコピー、証拠物件の写しなど一切同封不可能です。

用意するもの  ここでは機械書きの場合のみ紹介します
 ・ワープロ(もしくはパソコン)
 ・ワープロ用紙(白) 3枚
 ・内容をメモした紙
 ・相手の住所氏名
 ・印鑑
 ・封筒1枚
 ・お金(2000円もあれば足ります)


(手順)
1.書式設定は、20字×26行に設定。B5用紙を横使いで縦書きが一番多い書式です。A4でもいいの
  ですが、そうすると封筒は長3か、長4でもA4が入るものにしないといけません。結構面倒。
  この文字制限は厳守してください。これ以内なら、20字×20行でも15字×23行でもいいです。
  ()や「」はあわせて1字。(1)などはこれで1字です。英語は氏名やイベント名などの固有名詞のみ使用
  可能です。英数字は半角でも1字と数えます。

2.内容を簡潔に書く。(以下例)  これは例ですので文字数などは数えていません。

  通告書

  平成×年×月×日開催の貴イベント「○○」が開催中止になった件において、1ヶ月以内にサークル
参加費返金とありましたが、未だに返金がなされておりません。電話や手紙での連絡もお返事がありま
せんでしたので、あらためて請求させていただきます。
 つきましては、本書面到着より10日以内に金××円及び、これの請求にかかった費用、金××円を
お支払いくださいますよう、ご請求申し上げます。
 もし右期間内にお支払いなき場合には、訴訟その他の手段をとらざるを得なくなります。ご了承下さい。

  平成×年○月×日
                                 あなたの住所・氏名(名前のあとに印鑑を押す)

相手の住所氏名 様 

※あなたと相手の住所氏名は必ず記載されていないといけません。

3.3枚印刷する。もし2枚以上になった場合は、一部分をとめ、割り印を押す。

4.集配郵便局(そこらの郵便局では受け付けていません)に3枚とも持っていき、「内容証明郵便でお願い
します」と伝えます。あとは郵便局がやってくれますが、配達証明もつけましょう。これがないと相手に
届いたという証拠がなくなってしまいます。印鑑も忘れずに持っていきましょう。どこか修正が必要になる
かもしれませんから。
 かかる費用
・内容証明料(420円)
・書留料(420円)
・通常郵便物の料金(80円)
・配達証明料(300円)
  上の例文ではこの費用も請求に含めています(笑)。
※現在は料金改定されているかもしれません。

5.あとは相手の反応を待つだけです。

 ちょっと補足。相手によっては「受け取り拒否をしたら大丈夫だろう」とか思うかもしれませんが。相手に
届いた時点でその通知を知りうる状態になったとみなされるので、受取拒否をしても「通知をした」ことは
成立します。
 その他のことについては、悪用しようとされる方に悪知恵をつけてもいけませんので記載しません。

    


<刑法>

 刑法で縁があるとしたら、嫌がらせ関係の「名誉毀損罪」「侮辱罪」「傷害罪」などでしょうか。ただ、
よほど被害が大きくないと動いてくれないので、どうしても腹の虫が収まらんって時は、弁護士に相談して
民事裁判で損害賠償を求めるといいです。ただ、ものすごくお金かかりますけど。あ、もちろん、小額訴訟
でもいいですよ。

 後は何でしょうか…特に思いつかないので、思いついたら書きます。


<商法>

 契約不履行というのが当てはまるでしょうか。
 会場に嘘をついて契約を結んだり(即売会が禁止しているところを借りたり)、やりもしない企画をやります
といって人を集めたり、中止になったイベントの参加費を速やかに返金しなかったり…。
 刑法の詐欺罪と同じなんではないかと思うのですが、商法では契約不履行となります。
 約束事は守りましょう。
 明らかに相手を騙す目的で、ウソの契約を結んだときに成立します。


<著作権法>

 ゴチャゴチャと言っていてもどうにもなりません。ので、同人誌の位置付けだとか、実際にあったことを例に
とってご説明しようと思います。

 ご存知の通り、アニパロの同人誌はありていに言えば原作(マンガ・アニメ・小説など)の著作権法違反
であるということになります。しかし、一つの文化として世間的に認知されてきており、また近年同人界から
プロがデビューするなどという状況からも、出版社の立場としては容認せざるを得ないという状態です。
 これには人それぞれの意見あると思いますが、私としては「容認されたからといって大手を振れるもの
でもない」ということを認識すべきだと思います。
 一応同人誌も二次的著作権がどうのという法律で保護されるにはされますが、もちろん出版社が著作権
違反で訴えてきた場合ほぼ負けます。二次的著作権が有効になるのは、一次著作権(原作者・出版社)の
承認があってからです。

 ではどうして出版社は訴えないのか。第一に上にあげたような、「ギブ&テイク」の関係が一部成り立って
いる以上むげに潰せないということ。次に、著作権法は親告罪であるということ。親告罪というのは、出版社
が訴えないと警察は動かないという意味で、つまり警察が勝手に捜査は出来ないのです(例外もあり)。です
から訴えようと思ったら星の数ほどある同人誌についていちいち一つずつ届を警察に出さなければならず、
そんなことはしていられませんよね。
 有名なのはポケモン事件でしょう。ポケモンの同人誌を出していた方が、任天堂からの訴えによって京都
府警に逮捕された事件ですが、あれは確か「キャラのイメージを壊すから」ということで、著作権法を適用
されて逮捕に至ったと聞きました。(まぁ、エロ本だったのでそれを見た人からクレームが任天堂に入り、逮捕
されたということです。厳密には著作権法違反で逮捕じゃなかったんですが、当てはまる法律がなかったため)
 この時、この同人誌を委託販売していたイベント主催者も「販売幇助」を疑われ、事情聴取されたという
ことです。委託だけにかかわらず、直参のサークルさんでも万が一こういった摘発・逮捕があれば、主催者は
事情聴取される可能性があります。このことは忘れないで下さいね。
 こういう極端な例は置いておくにしても、一応普通に同人誌を出す分にはまあ逮捕されることはないと
思います。

 ですが、昨今「容認」を「手放し許可」と勘違いするサークルが多いのも事実です。原作をそのままトレース
したものを自作として出版したり、テレビやその作品の公式HPなどからダウンロードしてきた画像を無断使用
するなど、決して許されることではありません。また、行き過ぎた表現や青少年への影響を及ぼすとして、
「児童ポルノ規制法」の対象に当初絵画(つまりマンガも)が入れられたことからも、同人誌は既に「個人的
趣味の領域」で済まされない部分ももち始めています。
 主催者側としてはこういった「限りなく黒の領域に同人誌はある」という状況を念頭において、サークル
さんへ呼びかけ・注意などを行ってください。

 これは余談ですが、(C)(本当は○にC)をつけることは日本では何の意味もありません。しかし、サークル
名やペンネームの前に(C)をつけることは望ましいことではないです。何故かというとまたいろいろと面倒
なので、そういうページを回ってください(笑)。
 なんか(C)を「サークル」の略称と勘違いしている子もいますけどね。必要のないことはしないにこした
ことはないです。
 また、著作権については様々な議論がなされていますが、はっきりと統一した見解は出ていません。
都市の条例によっても違います(一番厳しいのは千葉県と、最近東京都も)。
 ですが、大抵大きなイベントの参加案内では同人誌の規制について語られている項がありますので、
どういう見解をそのイベントが打ち出しているか、確認してみて下さい。
 


<法律を知ること>

 あまり縁のないように思える法律ですが、日常でもさまざまな法律が身近にあります。そして、イベントを
開催するということは必ずいくつかの法律がかかわってきます。
 一回きりにしても継続にしても、知っておくに越したことはありません。知識には貪欲になって下さい。
 また、一度は最寄の警察署に足を運んで、防犯・防災のアドバイスを受けてください。大体管轄は生活
安全課です。
 動いて損なことはないです。もっともっといろいろなことを積極的に学んでください。
 それが参加者のため、ひいては貴方のためにもなります。きっとなります。



多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→知っておいて損はない法律知識