多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→宅配便ちょっと(?)イイ話


宅配便ちょっと(?)イイ話



<要するに裏ワザ>

 知ってても知らなくても損はしないけど、ちょっと宅配便屋さんが嬉しかったり、助かっちゃったり
する話です。
 実際の業者さんから聞いた話とか、よく使う人の話を参考にさせていただきました。
 余裕がある時に実行してみてください。
 ちなみに、全体をさす時は「宅配便」、クロネコヤマトをさす時は「宅急便」と言います。ここでは
紛らわしいかと思うので、全体は宅配便、ヤマトはヤマトと書くことにしますね。
 それから、文中で「伝票」と言っているのは送付票(荷物送るときに書くやつ)のことです(汗)。


<伝票>

 ヤマトに限った話だと、元払い(出す人がお金を支払う)伝票は2種類あります。一つは、そのまま
ヤマトの荷物を扱っている店専用のもの(もちろん営業所に持ち込みも可能)。もう一つは営業所持込
のみのもの。前者と後者何が違うかというと、前者には「取扱店控え」という伝票が余分について
います。
 なので、もし元払い伝票で荷物を発送する時は、それが取扱店に出してもいいものなのか、営業所
のみ使用できるのか確認された方がいいと思います。出せないことはないんですけどね、別に。
 それから、これは恐らくどこの業者さんでも同じだと思うのですが、伝票はその営業所が集配する
エリア内で配布しているものを使いましょう。
 つまり東京で荷物を出そうと思って伝票だけもらってきたけど、結局出さずに大阪で出すことになった
のでその伝票を使おうとする…のはなるべくやめた方がいいと思います。こんなこと滅多にないでしょう
けど。
 うちが1件あったのは、委託サークルさんに参加案内とともに送っていた返送用伝票を書き損じた
とかで、住んでおられるところで入手された伝票を送ってこられたのですが、それは使わずこちらで
書き直してお送りしました。
 多分それを使っても送れるのだとは思うのですが、伝票にはその地方での問合せ先が記入して
あります。(ペリカンとかヤマトの控えでもお持ちの方はちょっと見てもらえたらと思うのですが)
 ですので、差し出した荷物に関して聞きたいことがある場合、当然そこ記載の連絡先に連絡する
ことになりますが、別の地方のだとそこにかけてもどうしようもありません。
 というワケでくどくど長くなりましたが、差し出す時には集配エリア内の伝票を使用された方が、
ミスも少なくていいと思います。


<大量の荷物を発送する時は>

 委託を受けていると、何十個かの荷物を一度に差し出すことなんてザラですよね。また、会場からの
発送を受け付けておられる方もいらっしゃると思います。
 殆どが着払い伝票を使用されると思うのですが、差出人の宛先をいちいち書かなくても済む方法が
あります。
 会場搬入をお願いに行って引き受けてもらえたら、「着払い伝票を○枚ほど使用するので、依頼主
住所を打って欲しいんですが」と、あなたの住所・氏名・電話番号を書いたメモを渡します。正しい名称
は知らないのですが、企業さんの委託に出したりすると予め依頼主住所(差出人)が機械書きになって
いる場合がありますよね。ああいうものです。
 もし相手が説明して分からないようならそういう企業の伝票を説明用に持っていきましょう。
 企業委託だけでなくても、印刷屋さんからの納品とか、通販とか、機械打ちの伝票はどこにでも
転がっています。ああいうのは専用のソフトを導入して打っているのですが、私達はそんなに大量の
伝票を必要としませんからお願いすれば打ってもらえます。早ければ翌日に仕上がってきますが、大体
一週間は見ておきましょう。もちろん自分から引き取りに行ってね。あなたの家が荷物の配達範囲内
なら届けてくれます。(ウチは範囲内だからいつも玄関横においてあるよ…/笑)
 これを委託者さんに参加案内と共に送れば、委託者さんは「お届け先」に記入して委託荷物と一緒に
送ってきてくれるわけです。あとは返送時にそれを貼るだけ。何かを記入する必要はありません。
 あ、もちろんこちらからまとめて出すのであれば発払い伝票も打ってもらえますよ。


<宅配屋さんが泣いて嫌がる梱包>

 ダンボールが碁盤の目のようにガムテープで梱包されていると、伝票を貼る隙間がなくなります。
いや、面積的にはあるのですが、ガムテープの上から貼ると伝票ははがれてきてしまいます。
ですから出す時にはきちんとはってあっても、到着時にははがれていた、あるいはガムテープの
貼られていないところを探した挙句底に伝票が貼られて、上下がさかさまになっていたということも
あります。
 なので過剰な梱包や、送られてきた時のガムテープをまったくはがさずにその上からまた貼ると
いうことはやめましょう。

 また、基本的に袋状のものを除き伝票が貼られている面が上として扱われます。上に貼れない
からといって側面にはったりすると、サークルさんの手元に届いた時には縦置きされて中身が
グチャグチャなんてこともあったり…。どうしても事情があって上には貼れない、という時は上の面に
「天地無用」と赤で大きく書き、側面に伝票を貼りましょう。でもこれで必ず大丈夫という保証は
ないです。あしからず。


<宅配屋さんが泣いて嫌がる荷物>

 それほどオーバーなものでもないですが、中身がスカスカなのに詰め物をせず梱包されている
荷物。
 二通りに解釈できると思うのですが、1つは上を押すとどんどん中に沈んでいってしまうもの(笑)。
あなたが差し出した荷物は、常にトラックの中で上方に詰まれているとは限りません。会場に
搬入される様子をご覧になられたら分かると思うのですが、本当に適当に積み込まれています。
なので、隙間があると重みがかかった時にへこみます。結果、傷んでしまうので梱包時には余計な
隙間を作らないように気をつけましょう。具体的にどうするかは後述します。
 また、もう1つの方は読んで字のごとくスカスカの荷物。箱と荷物の間に隙間があると、運送中に
荷物が移動して、大切な中身が損傷します。
 これも詰め物の仕方は後述しますが、委託の荷物を返送したりする時はなるべく梱包に気を遣う
様にしましょう。


<効率的に封をしよう>

 委託荷物を返送する時に梱包の必要が生じるかと思うのですが、この時のちょっとしたコツをば。

 まず、ふた部分のガムテープは必ずはがしましょう。上からガムテープを貼ってもくっつきません。
はがれます。布テープからくっつくでしょうが、それでもベタベタ貼ると、今度は伝票がはがれて
きます(後述)。
 なので、きちんとはがしましょう。出来ればこの時、宅配便用の区分け番号(ヤマトだと77-21とか
いうヤツ)もはがすか、無理ならば黒いマジックなどで塗りつぶしておきます。これがついたままだと
営業所に引き取ってから仕分けするのに、とてもややこしいことになってしまうからです。
 上から伝票を貼って隠すとか、ガムテープで隠れるというような場合なら何もしなくて構いません。

 次に、ガムテープを貼りますが、ギチギチに入っているのでない限り、そんなに厳重にしなくても
ふたは開きません。3箇所押さえれば十分です。
 ちょっと図説が出来るかな…?

 ↓ダンボールを上から見た図(真ん中で封をする場合)だとすると、横一直線に1回ガムテープで
とめる。そのあと、両端(黒い矢印にて表示)をとめる。

↑                   ↑
この辺に伝票を貼って下さい。 

       




↓                    ↓


 大抵はこれで十分です。何度もガムテープを貼る必要はありません。
 ギチギチで、これだけでは絶対開く、という場合は赤い矢印のところをガムテープで貼りましょう。
これで開くことはまずないです。もちろんふたが盛り上がりすぎて中身が覗いているというものは
論外ですが。


<詰め物>

 詰め物まで用意されている主催さんは少ないと思います。
 箱の上部に隙間があるのはまだ、荷物がへこむくらいで済みますが(あまりよくないですが)、
中身と箱に隙間があって運送中に移動し、損傷してしまうのは避けたいもの。だからといって
詰め物も無い。
 こんな時のちょっとした裏技をば。
 まず、上部の隙間を埋めるのなら新聞紙を丸めて突っ込んでおけば十分です。ちょっと詰めすぎ
かな程度がへこまないです。これは中身と箱の空いたスペースを埋めるのにも使えます。
しかし、新聞紙が途中で無くなってしまってうまい詰め方がないという場合。
 上部の空きは、ダンボールの四辺にカッターを入れます。これは図解しましたので見てください。

                    図解(クリックしてね)

 箱と荷物の間のスペースは、いらなくなったダンボールなどから適当な大きさを切ってきます。
 例えば、10センチ四方の隙間があるなら、20センチくらいの長さ(大きさは隙間の横幅以内)
くらいを切ってきます。それを山折り谷折りにして、ハリセンみたくします。出来上がったものを
その隙間に詰めればだいたい大丈夫です。目安としては、強めに縮めてスペースが埋まるくらい。
楽々入ってしまうようでは荷物が動いちゃいます。
 我ながら大失敗な説明の仕方(汗)だと思うので、分からなければメールください(笑)。


<用語説明>

 必ずしも、「書いておけば絶対安全」ではないことをご理解ください。どれも赤字で書きます。

天地無用
 書いてある面が上で、横にしたり縦にしたりと、とにかく上下さかさまにしないで下さいという
意味です。でも私的には、「天地」が「無用」ってことは上下関係ないっていう意味じゃないのか?
と思うんですが。誰か詳しい人教えて下さい(笑)。

取扱注意
 宅配屋さん曰く「気休め」(笑)。私は気休めでも何でも、大切に扱ってくれいという意味をこめて
シールを貼ってますとも。

積上厳禁
 やわらかいものだから、上にものを重ねないでね、という意味です。出す時にも伝えておけば
シールを貼ってくれます。けど、コンビニとかに出すとたまにあてにならない…。

コワレモノ
 字のごとく。壊れやすいものが入っています、という意味。取扱注意よりは丁寧な扱いになり
ます。ただし、差し出す方もあらかじめきちんと壊れないように梱包していることが前提。


<ヤマト・ペリカン以外について>

 この2大大手以外の宅配をイベント用に使用されているところは少ないと思います。ただ、
委託者さんが場所によっては「郵パックで出します」と言ってこられる場合もあると思うので、
それについて雑談を少々。
 離島や沖縄、北海道だと、郵パックの方がヤマトやペリカンより安くつく場合があります。また、
必ず全部の都市を取扱店がカバーしているわけではないので、あなたが参加案内で「使って
下さい」と指定した業者が100%の使用率になることはありません。
 ですので参加案内の方には「この業者が使えない方は…」と何かしらの逃げ道を記載して
おかれる方がいいと思います。何も記載がないと、荷物を送られる方は問い合わせなければ
ならないので手間がかかります。
 花鳥ではヤマトを使っているのですが、「使えない方はこちらの住所へ」みたいなことを「送る
前にご連絡ください」と脚注を入れた上で記載しています。連絡してくださいというのは、時間
指定の打ち合わせとか、こちらが確実に受け取る為に必要なことを伝えるため。
 連絡なしにいきなり送ってこられて、それが前日で万が一私が不在だった場合、荷物受け取れ
ないので…。

 それから郵パック、着払いできないと思っておられる方もいるようですが出来ます。宅配と
違って伝票が共通なんですよ。差し出す時に「これ着払いでお願いします」と言えば、向こうが
やってくれます。こっちへ送る時はいいとして、返送も郵パックで、と指定があった時はお試し
あれ。


<荷物チェックのできる業者>

 大手だけあって、ヤマトとペリカンは荷物の検索が出来ます。

クロネコヤマト   ヤマトのサイト内、荷物のお問合せ  (注:ヤマトさんの荷物検索ページは
            直接リンク禁止ですのでトップページをリンクしています)
ペリカン       こちらから  (日本通運サイトより)

 もしあなたが委託者さんから荷物の不着連絡を受けた時、まずこちらで調べてみてください。
もちろん電話で営業所にかけて荷物の伝票番号を伝えれば、調べてもらうことは出来ます。
ですから伝票の類は大切に保管しておきましょうね。


多分花鳥風月同人誌即売会の開き方→宅配便ちょっと(?)イイ話